PG

digitalis.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 01日

西日の当たる場所

d0029339_54653100.jpg
今住んでいる部屋には、北と東と西に窓がある。



東側の窓は、キッチンの小さな小窓で、朝日が昇る頃の短い時間だけ、まぶしく輝く。北側の窓は北向きだから、当然あんまり日があたらない落ち着いた光の入る窓。西側の窓は一番大きくって、細い道路に面してるけど、隣の建物が三階建てから五階建てに変わってからは、昼下がりの頃から太陽が西へ傾いていくほんの少しの時間しか、日が当たらない。何がいいたいのかというと、うちは日当たりがとっても悪いっていう事(笑)。

そのせいか、植物がまともに育ってくれない。サボテンも枯れてしまう程。この鉢植えも、多肉系で結構丈夫なはずなのに、だんだん先細りにひょろひょろと育ってきて、そろそろ危ない予感。太陽の光を求めて、真横に伸びているんだけど、いじわるをして反対側に向きを変えて出かけてみると、家に帰る頃には、反対側の窓側にちゃんと向き直ってるのを見ると、植物の生命力が感じられるんだけど、こんな事ばっかりするから、植物が疲れてしまって、元気がなくなってきているのかもしれないね。

ずっと南向きの部屋には縁がなくって、いつも寒い冬を迎えている。部屋の広さや利便性を取るか、南向きの部屋を取るか、部屋探しの時にはこういった選択を迫られる事があるんだけれど、不便な場所でも、南向きの部屋の方がいいんじゃないかと思う最近。お風呂にもちゃんと窓があって、外の空気を取り込む事が出来るならば、尚よろし。
[PR]

by foujita | 2006-07-01 10:09 | 植物


<< 白と黄色と黒      いつもの丘 >>