PG

digitalis.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 06月 ( 41 )   > この月の画像一覧


2005年 06月 08日

残され花

d0029339_1151453.jpg
今はもう潰れてしまったレストランの中にあった花のミイラ。
[PR]

by foujita | 2005-06-08 03:02 | 街角
2005年 06月 07日

スリーアウトチェンジ

d0029339_1574094.jpg
スーパーカーよ、永遠なれ。
[PR]

by foujita | 2005-06-07 02:00 | 街角
2005年 06月 07日

一年前

d0029339_2224538.jpg
(PG Annex 2004年7月6日より)
d0029339_2231361.jpg
(PG Annex 2004年7月7日より)

Fotologにアクセス出来なくなって、そろそろ1ヶ月余り。サーバーは生きているらしいん
だけど、うちの環境からはアクセス出来ず。アップ済みの古いファイルを見てみると、
最初のものが去年の7月頃だから、約1年の月日が流れた事になる計算。

その頃まで、長い間カメラに触るという習慣がほとんど途絶えていたんだけれど、ふとした
きっかけから、また写真を撮るようになった。その夏に買った新しいデジカメもやっとの事
体に馴染んできてくれて、最近は何がどう写るのかが、ほぼ予想出来るようになってきた。

Fotologなんか(こことかもね)にアップする写真って、選ぶ基準が別によく撮れてるとか
っていう事では無くって、何となく自分で気に入ったというだけの写真が多くなっている。
他にいくらでも綺麗な景色の写真があるのに、道端の枯れた花や、ごく普通の雲だったり。
その中には、その写真を撮った時の記憶や、写っているものの隣に確かに存在したもの、
そんなものがいっぱい詰まってる。誰でも見る事が出来るけれど、写っているものだけでは
判らない、恐ろしく私的な空間。一枚一枚と枚数を重ねる度に、何もなかった部屋の中に
大好きな本を置いて、花屋さんで買ったサボテンを置いて、と、だんだんと自分の居心地の
いい環境に整えていく。そんな感じかも。部屋の中の物を全部持って引っ越せば、ほぼ同じ
環境をまた手に入れる事が出来るんだろうけど、部屋の間取りが違っていたり、窓の向きが
違っていたり。住んでいるお隣さんも違ってくるので、毎週届けてくれていた美味しかった
焼きたてのパンも、もう届かない。

ん?いったい何が書きたいんだろう(笑)。
仕事を終えて疲れて家に帰ってきたら、漂流教室のように、住んでいた場所がそっくりと
無くなってしまったようなものなので、何か後味が悪い気分。自分の家が潰れてしまった
だけならば、まだ諦めもつくけれど、町ごと消えて無くなってしまうのは、少し悲しい。

(写真は、Fotologにアップした最初の2枚。)
[PR]

by foujita | 2005-06-07 01:45 | Fotolog
2005年 06月 06日

大きな雲の上と下

d0029339_1057407.jpg
d0029339_1152946.jpg
上は大水、下は大火事、な~んだ? 太陽は真っ黒な雲に隠れてる。雲に雲の影が出来る。
[PR]

by foujita | 2005-06-06 16:11 | 夕暮れ時
2005年 06月 06日

夕日の向こうにあるもの

d0029339_23434380.jpg
d0029339_23435817.jpg
d0029339_23441521.jpg
暮れかけている夕日を追いかけて、送電線に沿ってただひたすらと西に向かう。
太陽が落ちていく速度をほんの少し緩めてくれる。沈んだはずの夕日がまた現れる。
[PR]

by foujita | 2005-06-06 00:15 | 夕暮れ時
2005年 06月 05日

北から射す光

d0029339_1193676.jpg
太陽がさんさんと注ぎ込む南向きの窓も好きだけど、青い光が入る北向きの窓も好き。
[PR]

by foujita | 2005-06-05 01:31 | 植物
2005年 06月 05日

野菜スティック

d0029339_0525149.jpg
ほとんど炭水化物だけの食生活で、何とか生きながらえています。野菜も食べなきゃね。
[PR]

by foujita | 2005-06-05 00:54 | いろいろ
2005年 06月 04日

土に返る砂場

d0029339_1529274.jpg
d0029339_1529185.jpg
d0029339_15294163.jpg
阿佐ヶ谷住宅の中には、小さなたくさんの公園が点在している。その中には使われなくなって
久しいブランコや砂場もたくさん。ブランコはフレームだけが残っていて、もう誰も乗れない。
砂場も、その役目を終えているものがたくさんあって、子供がそこで遊ぶ事も無い。
[PR]

by foujita | 2005-06-04 16:01 | 街角
2005年 06月 04日

期限付きの空気

d0029339_1243658.jpg
d0029339_12432378.jpg
d0029339_12434269.jpg
杉並税務署の近くに阿佐ヶ谷住宅という日本住宅公団が戦後間もない頃に作った分譲の
集合住宅があります。広い敷地の緑の中に、3~4階建のいかにも団地らしい建物(笑)と
2階建のテラスハウスが混在していて、長い年月がはぐくんだのであろう木々と共に全ての
ものが空気と同化して、全てがその団地の低い塀の中にそっくりと取り残されています。
懐かしさを感じると共に、踏み込んではいけない場所に立ち入ってしまったような、少し
不思議な感覚にさせてくれる場所です。

聞いた話では、数年後には再開発が始まり、取り壊されるような話もあるようで、興味が
ある人は、今のうちにこの場所に立ちここの空気を感じて欲しいです。
写真に写るものと写らないものがあると思うんだけど、ここの空気感というものはきっと
写真には写らないと思う。写し込む事が出来る人がいるのかもしれないけれど、自分には
出来ない気がする。自分の無力さを感じると共に、こういった写真に出来ないような物に
出会えるって事は、すごく幸せな事だと思う。
[PR]

by foujita | 2005-06-04 14:10 | 街角
2005年 06月 03日

忘れ物?

d0029339_1683785.jpg
d0029339_169055.jpg
d0029339_169871.jpg
次の日には無くなっていたけれど、果たして無事に家に帰りつけたのだろうか?
[PR]

by foujita | 2005-06-03 16:11 | 街角